片思いは好きすぎる場合、いろんなマイナス要素があります。相手の気持ちを考えながら冷静に両思いに近づけられる方法を分析しています。

好きすぎる片思いは成就するのか?片思い中の相手の気持ちを知る方法

公開日 /更新日

相手のことを好きすぎる片思いは、ちょっとしたことでも一喜一憂したり感情的になったりして、期待と不安が相半ばする不安定な状態です。相手の気持ちが気になり、いてもたってもいられなくなる人もいれば、失敗するのが怖くて挙動不審になったり、空回りしたりしてしまう人もいるでしょう。

感情に振り回されやすい片思いは、成就するかどうかの不安がひときわ大きいかと思います。まずは、好きな人の言葉や態度を冷静に眺めて、適切な距離の取り方に気をつけるのが、成就へと近づく第一歩です。

良くない!?好きすぎる片思いをしている人に見られる傾向

両思いに至らない原因のひとつに、好きの思いが強すぎることがあります。目線を合わせられなかったり、アピールしすぎたり普通ではない行動に出てしまうこともあります。

思いが強いゆえに、ついついしてしまう行動が、相手に心地の悪さを感じさせ、距離を取られてしまう原因になってしまうことがあります。どんなものが、恋を成就させないことに繋がるのか見ていきましょう。

目線を合わすことができない、緊張して話もできない

好きという気持ちを見透かされるのが不安で、ついつい目をそらしてしまう人もいます。しかしその行動が、嫌われているのではないかと、相手に思わせてしまうことになりかねません。

また、緊張しすぎて会話ができないと、一緒にいても楽しくないのではないかと思われてしまい、あなたへの関心が薄れてしまう可能性があります。

話しかけたり、連絡したりする頻度がすごく多い

頻繁にメールやラインなどをしてしまうと、返信することが面倒になってしまいます。その結果あなたは、鬱陶しい人というレッテルを貼られてしまい、両思いから遠のいてしまいます。

相手に合わせようと頑張る

お互いの共通点を持つことで、仲良くなることができます。しかし、相手に合わせすぎてしまうことで、意思のない人間だと思われ、魅力が感じられなくなってしまいます。

また、良く思われたいがために、自分を偽って、大きく見せようと頑張ってしまうこともよくありません。無理し続けることで、一緒にいることがしんどいと思うようになってしまう可能性があるからです。

後をつけたり、待ち伏せしたりする行為

恋をすると、周りのことに目が向けられなくなります。相手を思って行動しているつもりが、向こうからすると迷惑なこともあります。恋人同士ではないのに待ち伏せしたり、こっそり後をつけたりするなどのストーカーに近い行為は、やめた方がいいでしょう。

同じひとつの行動でも、お互いの捉え方が違います。ついやってしまう行為が2人の間に溝を作ってしまうこともあるようです。そのため、好きすぎると、多くの場合、恋は成就しません。

どうすれば片思いを両思いにできるのか?

恋が無事に実る時もあれば、実らない時もあります。しかし、お互いの気持ちを大切にして行動することで、両思いに近づくこともあります。

相手の気持ちを知ろう

今の状況を分析したり、友達にも相談したりして、冷静に相手の気持ちを考えてみましょう。

状況を把握するために、紙に書き出す

まずは冷静になることが大切です。頭に血が上った状態では、周りが見えなくなり、判断を誤ってしまうこともあるからです。また、紙に書き出してみることで、頭の中を整理しやすくなります。すぐそばに紙がない時は、携帯電話のメモ帳などに書くのもいいかもしれません。

距離を置いて、恋が叶う可能性はあるのか調べる

一旦距離を置いてみることで、気持ちを確認しましょう。今まで、メールをしていたのに急にこなくなってしまうと、相手も“あれ?”と思うはずです。その状態で、相手からコンタクトがあれば、あなたに興味があると言えます。逆に、何もなければ、この恋が実る見込みは低いと言えるでしょう。

信頼できる友達や、先輩に相談してみる

何事も、自分の考えだけで行動してしまうのは良くありません。信頼できる人に話して、アドバイスをもらうことは大切です。自分の考えを聞いてもらったり、自分の中にはなかった違う視点からの意見を聞いたりすることで、第三者の目で自分を見られるようになるでしょう。

その中で、納得できるものを取り入れることによって、冷静な判断ができるようになります。

相手の反応によっては、両片思いの場合もある

両片思いというのは、どちらも相手が自分のことを好きだということに気づいていないことを言います。両方が片思いだと思っている場合です。そんな時は、自然に出てしまう反応や、メールのやり取りなどで相手の気持ちを確かめましょう。

会話している時に、目や体の動きに注目しよう

好きな人といる時、実は、黒目が大きくなり、キラキラします。相手の目の状態を観察して、自分のことをどんな目で見ているか見てみるのもいいでしょう。また、体の動きも見てみてください。自分の方にどんどん迫ってくるように話してくる場合、あなたに興味があると言えます。

メールのやり取りが続く

両片思いの場合、メールが続くことが多いのですが、これはあなたに興味を持っている証拠と言えるでしょう。

5つのポイントを押さえて、片思いを両思いに

毎日楽しく充実した日々を送ることで、恋を実らせましょう。恋愛のことばかり考えてしまうのも分かりますが、少し横に置いておいて、自分自身と向き合ってみることで、良い方向に向かうこともあるでしょう。

冷静になろう

落ち着いて行動をすることで、今やるべき行動が見えてきます。

恋愛以外のことにも力を注いで、自分磨きをする

魅力的な人間になることで、好印象を持ってもらうことができます。勉強やスポーツなどをして自分磨きをしてみましょう。努力している姿は、どんな人でも輝いて見えます。

笑顔を心がけて、楽しい日々を送る

笑顔の力は、計り知れません。楽しく過ごすことだけで、より一層素敵に見えるでしょう。

自然体でいる

頑張りすぎや背伸びしすぎは、しんどいです。等身大の自分で接することを心がけましょう。

期待しないことが大切

期待しないことで、相手が自分のためにしてくれた行動は、すべてが新鮮になり、嬉しく感じることができます。逆に、期待しすぎてしまうと、思っていた結果と違った時に、落ち込んでしまいます。

このように相手の気持ちも考えながら、努力することが大切です。しかし当たり前のことですが、人の気持ちは、コントロールできません。そのため、両思いになれる時もあれば、なれない時もあるのです。

占いも、片思いの解決策を見つけるひとつの方法

片思いは夢と期待に溢れている反面、一人で抱え込んでいると良くない考えも浮かんできて辛いものです。両思いに向けて行動に移す時でも、誰かからの応援や後押しがなければ、自信が持てないという人もいます。

そんなときは占いに頼ってみるのもいいでしょう。思いもつかなかった自分や相手のことが見えてくるかもしれません。占いの結果を参考にすることで、解決策が見つかることもあります。

もちろん、最終決断は自分自身で行うことになりますが、ここまで努力したことは必ずプラスになります。結果がどうであっても、女性としてのステキ度がパワーアップしたことに違いないでしょう。

おすすめの占いサイトはこちら

ヴェルニ

片思いは好きすぎるとうまくいかない場合もあります。自分が考えていることは相手にとっても自分にとっても良いことなのか?判断できないとき、強い味方になってくれるのが占いサイトです。

『片思い』カテゴリ記事一覧

もっと見る

ページの先頭に戻る