水晶玉子の本は開運暦2018のほかにもあった!いろんな本と口コミについて

公開日 /更新日

しかし、彼女の著書はこれだけではありません。水晶玉子のオリエンタル占星術は、1989年に雑誌で取り上げられたことをきっかけに女性誌の間で不動の人気を誇っている占術であり、占いファンの間では定評があります。そんな人気著書の口コミと共に、他の著書についてもご紹介します。

水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ365日メッセージつき 開運歴2018

集英社から2017年10月に発売された本の詳細は以下の通りです。

  • 単行本(ソフトカバー):152ページ
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2017/10/5
  • 寸法: 23.2×18.4×0.8cm
  • 価格:1,512円

「水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ365日メッセージつき 開運歴2018」の内容

1998年に雑誌『FRaU』占い特集号に掲載されて以降、大反響を得ているオリエンタル占星術カレンダー。魔のウィークや毎日の運勢が一目でわかるこのカレンダーは今まで半年分までしか公開されていませんでした。

しかし、この本ではなんと「1年分」、しかも開運メッセージつきで読むことができるので、今日のことだけでなく1年通しての開運バイオリズムが一目でわかります。さらに27宿全ての全体運、恋愛・結婚運、仕事運、美容・健康運や開運ポイントを詳細に掲載。

友人や家族、恋人と一緒に見ることもできます。水晶玉子を尊敬しているというゲッターズ飯田さんとの対談が、2017年に引き続き2018年版も収録されています。

オリエンタル占星術についてもう少し詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ↓

オリエンタル占星術とは?27宿の宿星で鑑定する水晶玉子の占い

水晶玉子といえばオリエンタル占星術。その的中率と詳細な鑑定結果が話題を呼んでいるオリエンタル占星術とはどのような占術なのでしょうか?

オリエンタル占星…続きを読む

「水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ365日メッセージつき 開運歴2018」の口コミ

【良い口コミ】

  • 毎日見ながら目標や体調管理に役立てながら過ごしています
  • 魔のウィークにスマホが故障、風邪をこじらせ急性副鼻腔炎になったので当たっています
  • 365日メッセージがあるのは嬉しい
  • 家族のこともわかるので買ってよかった
  • わかりやすい

【良くない口コミ】

  • 27宿すべてを網羅しているからかあっさりしている印象
  • 文字が小さく細かく書かれていて読むのが億劫

Amazonの口コミを見ると、5つ星のうち3.6(2017年2月23日時点)4.3(2018年1月18日時点)という評価。詳しく見ていくと全体的には良い評価が多いですが、やはり2017年版に引き続き2018年も物足りないという意見はあるようです。

家族で、友人で楽しむことができる、1年通してみることができるカレンダーがついているところは非常に魅力的ですが、この本だけだと自分のことをできるだけ詳しく知りたいという人には物足りなく感じるようです。

できるだけ詳しく知りたいという人は、サイトと併用することをおすすめします。私も去年から利用していて、月額324円(税込)になります。自分の本命宿についても詳しく知ることができますし、毎日の運勢はもちろん、恋愛相手や友人、上司など生年月日を入力すれば相手のことや相性についても占うことができるので、個人的にはすごく気に入っています。30人まで登録できます。

→「オリエンタル占星術のサイト詳細

今までの水晶玉子の本について

水晶玉子の著書は1998年から今までで、多くの本を出版されているようです。

水晶玉子の著書

最新本である「水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ365日メッセージつき 開運歴2018」を除く水晶玉子の著書と発行年月日は以下の通りです。

  • 心の傷をいやす101の言葉【2014/6/28】
  • 怖いほど運が向いてくる! 四柱推命 (青春新書プレイブックス) 【2014/1/21】
  • はじめてのオリエンタル占星術 27宿の秘密 【2012/3/27】
  • ツイてるからだ 【2007/3】
  • オリエンタル占星術 (講談社+α文庫) 【2006/9/21】
  • いいことばかり起きる女になる! 【2006/2/3】
  • 水晶玉子の恋と人生開運BOOK―2006年1月~6月 (ぴあMOOK) 【2005/12】
  • オリエンタル占星術 運命のリズム 【2005/11/10】
  • フォーチュンクッキー―幸運のおみくじ 【2004/8/9】
  • 「運命の翼」占い (集英社be文庫) 【2003/7/23】
  • 十二支占星術 【2002/12/8】
  • オリエンタル占星術 【2002/1/30】
  • 昆虫&花占い―自分がわかる、他人がわかる (集英社文庫) 【2000/5/19】
  • 四柱推命「天戦地冲」入門―知りたかった「これからの自分の運機」がわかる (プレイブックス) 【1999/12/25】
  • 四柱推命 運を呼ぶ年
  • 逃げる年―自分の運命を味方にするために (プレイブックス) 【1998/12/8】

内容を見ると、占いや占術のことだけでなく心や体のこと、前向きに生きるためのアドバイスなどが書かれた本もあります。水晶玉子の魅力はオリジナリティに富んだ占いの解釈や、受け取り手がすんなり受け入れることができる伝え方、その魅力がたっぷり詰まった本が多いという印象です。

雑誌の掲載

ブレイクのきっかけは『FRaU』の占い特集でしたが、今では数多くの女性誌で占い掲載、『SPUR』『anan』『ELLE』『MEN’S NON-NO』『MISS』『TVぴあ』などの雑誌の中で取り上げられたこともあります。

水晶玉子の本についてのまとめ

幼少の頃から様々な占いについて勉強してきたという経歴や、占い以外の出版が多いことからもわかるように、水晶玉子は勉強熱心な占い師であるということは間違いなさそうです。

「オリエンタル占星術や他の占いについて詳しく知りたい」「水晶玉子のことをもっと知りたい」という人はここで紹介した著書を読んでみても良いかもしれません。

水晶玉子以外の人気占い師をみる↓

当たる電話占いランキング

『占い』カテゴリ記事一覧

もっと見る

ページの先頭に戻る